これが法人用無線LAN導入ノウハウ

これが法人用無線LAN導入ノウハウ

無線LANの設置はノウハウというほど大げさなものではなく、単に無線LANとインターネットの接続を設定して、それができたら無線LANと個々の端末の接続を設定するだけです。やり方はネットでみてもすぐにでてきますし、二か所の接続をすればよいだけです。設定がよくわからないというのはだいたいの場合は食わず嫌いのような状態です。簡単な概念を難しく書くことが多いのがこれらのITの悪いところでもあるので、マニュアルなどを見ている人は用語がよくわからなくて混乱します。接続する業者は一般の人は用語がわからなくて混乱するからこそビジネスになるのですが、少しわかればだれでもできます。ネットサーフィンしている人なら情報自体を見られるからです。用語の意味を調べるのが面倒なだけでしょう。

法人も個人もやり方はまったく同じ

上述の通り、無線LANとインターネットを接続し、その後無線LANと個々の端末を接続します。端末の接続数に関しては上限がある場合が多いですが、法人の場合には子機を接続することでその端末を接続できる数を増やす場合もあります。しかし、法人であってもまったく難しい設定ではないです。プログラミングの知識なんかはもちろん完全に不要ですし、ネットワークの規格や細かい仕組みを理解する必要性もまったくありません。少しマニュアルを検索すればでてくるので、ざっと目を通してそれに従ってやっていくだけです。なんとなくこれとこれがつながっていて、ここのパスワード設定が必要だというくらいの感じで作業は進んでいくはずです。一つ一つの作業は簡単だけどそれが集まるとよくわからなくなります。

全体を見ることと個別の作業をやること

よくなんらかの作業をやる前に全体を把握しなさいということが言われます。しかし、実際それは難しい場合があるでしょう。全体を把握するといっても程度の問題がありますし、それを感覚的なり論理的に切り分けるのが苦手な人がいることも事実です。その場合は一つ一つの用語などに捕らわれて混乱してしまったりします。理解できるように努力しない人も悪いのですが、全体をわかるように書いていないマニュアルも問題です。特に家電などはたしかに正確な説明をしなければならないという側面が強いです。概要で書いていて、厳密には内容が少し違う場合にクレームにつながると怖いからです。しかし実情としては概要を要するに今からの設定はこんな感じですよと多少馬鹿げていても簡単な絵本みたいになっていればイメージが簡単につくはずです。